なぜ「力む」のか?テニス・ゴルフにも共通する論理的「力み解消法」

 バドミントンのジュニアや社会人でもたまに見かけるのが、「常に力を入れっぱなしで、グリップを握り込んでしまう人」や「腕や手に力が入って、腕全体を棒のように振ってしまう人」ですが、初心者に多く、バドミントンに限らずテニス・卓球・ゴルフでも同じような方がいらっしゃると思います。

 力(りき)むと筋肉が固くなるためミスショットになりがちで、肩や全身に力が入って疲れやすく、テニス肘や肩こりになったり、なによりも正しいフォームになりづらいことから上達の妨げになり、力むと良いことがありません。

 しかし、「手の力を抜いて」「軽く握って」と伝えても、なかなか力が抜けず、長年かかっても脱力できない人もいて、上達のスピードアップのためにも、なんとか力を抜きたいと悩んでる方もいらっしゃると思います。

 そこで今回は、「読むだけで肩や手の力が抜ける!?」ゴルフ・テニス・卓球にも通ずる「論理的 脱力法」を、なぜ力むのか「論理的 力むメカニズム」と一緒に解説したいと思います。

 力んでしまう方の多くは、「強く打ちたくて、力いっぱいでラケット全体・腕全体で振ってる」方が多いと思います。でもこれって実は「体が誤解しているから起きていること」なんです。この誤解を解くには、日常に使う道具の「持つ場所」「使う場所」を、それぞれ分けて理解することでうまくいきます。

 まずは、わかりやすくホウキを例とってみます。貴方はホウキで掃除する時に「どこを意識」して使いますか?もちろん、ゴミを集めるため「ホウキの先」を意識して掃除しますよね。そして、ホウキが地面につく時だけ、ホウキの先が機能するときだけ自然に手に力が入ると思います。「持つ場所」は意識せず、「使う場所」である「ホウキの先」を意識していると思います。

 他にも、包丁の刃や、カナヅチならカナヅチの頭。これらがそれぞれの「使う場所」なんですが、使う時にはここを意識して、切ったり叩いたりしますよね。「持つ場所」は見ることも意識もしていないと思います。見て意識するのは「使う場所」が機能する時だけ、カナヅチならクギ、ペンなら書く時だけ、力を入れると思います。

 つまり、もともと皆さんは日常の道具の「使う場所」と「持つ場所」を自然に使い分けているんです。しかし、なれないラケットやクラブの場合、その使い分けが曖昧になり、強く素早く動かそうと意識しすぎて力が入りすぎることが力みの原因だったというわけです。

 逆に、これら道具の「持つ場所」に常に力を入れたまま、力んだ状態で使ってみるとどうなるでしょうか。ホウキに常に力いれてぎこちなくなったり、豆腐をフルパワーで切ったり、ペンなら先が折れてしまいます。まさにこれがラケットを力んでいる状態と同じで、そんな時は「使う場所」に意識が向けられていないというわけです。このように「持つ場所」と「使う場所」の使い分けができないと、いつも使っている道具も使えなくなることがわかると思います。

 以上が、「論理的 力むメカニズム」です。これを元に、実際にラケットやクラブで力んでしまう時、試合で緊張してしまいそうな時には、以下のイメージでラケットやクラブを使うようにしましょう。

 「ラケットの面を「使う場所」と意識して、ホウキ(ラケット面)で軽くはらって、シャトルを掃除する」イメージです。素振りだけでも分かると思いますが、ラケットの当たる場所をホウキの先だと思えば、自然と当たる瞬間だけ力が入ると思います。ゴルフクラブも同じで、クラブのスイートスポットを長いホウキのイメージで、素振りをしてみてください。このイメージなら、力みがなくなり肩も体も脱力するはずです。このように「日常使っている道具に置き換えて意識する」ことで、体の誤解が解け、日常使っている道具のように、力まずラケットが振れるようになるというわけです。

 いかがだったでしょうか、これが今回考案した、「力むメカニズム」と読むだけで脱力できる「力み解消法」です。バドミントンに限らずテニス・ゴルフ・卓球でも、上級者ほど肩の力が抜けて余裕があるように見えますが、この記事で力む人が少なくなれば嬉しいです。

 ただ、この脱力法でも力が抜けない方、脱力できない方もいらっしゃると思います。そんな方は、グー握りではないですか?この握り方だと、ラケットが不安定なためもっと力が入る方や、バックハンドが苦手な方が多く、このことは「箸」によくにていて、正しい握り方を覚えることで改善します。

 そんな方は、春日アロウズにいらしてください。今回のように、論理的でわかりやすいグリップ改善方法で、フォアハンドのコントロールを良くしつつ、この「力むメカニズム」を応用した、もっと力みが抜ける練習方法などご紹介したいと思います。

春日アロウズ 代表 林田

コメントを残す