3歳児に「言葉」ではなく「環境」でバドミントンを教える方法。

 先日公開しました「4歳児が「楽しい!」になる4つのスイッチ」や「Youtube 4〜6歳の練習風景」を、たくさん見ていただきありがとうございます。公開以降、未就学児や小学校低学年のバドミントンの教え方を調べて、このブログや動画を見ていただいてる方が多くとても嬉しいです。

 ただ、なかには幼児や小学校低学年にバドミントンというと「練習が難しく、体力的にも無理でしょ?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、春日アロウズではそんなことありません。

 幼児にもできる練習方法で、無理のないペースで、楽しく自分から練習したくなるクラブであるように、日々工夫し練習に取り組んでます。クラブの練習風景をご覧ください。

 そこで今回は、春日アロウズが幼児を教える上で心がけている「環境で教える」についてご紹介したいと思います。

 これにより、春日アロウズがどのようなアプローチで子供達に教えているのか知っていただくと同時に、なぜ小学生だけでなく、多くの未就学児を教えることができるのか、子供の教え方に悩まれているパパ・ママの参考になれば幸いです。

 私がこの「環境で教える」を考えるようになったのは、全国大会にも出場する有名なジュニア選手のおばあちゃんに「〇〇ちゃん何歳からやってるんですか?」と聞いた何気ない世間話からでした。

 おばあちゃんは「子守のため3歳から、私のバドミントンクラブに連れて行ってたんですよ。」と、「遊ばせてたら偶然 上手になって、しっかり教えたわけではないんです。」とおっしゃってて、私は「え?あんなに上手いのに?」と驚きました。もちろん謙遜されていたと思いますが、お話から察するに、おもちゃ代わりに遊ばせてたら少しずつ上手になって、クラブの大人達は3歳児がやるバドミントンに「すごい!」「じょうず!」と驚いて褒めていたのかなと思いました。

 その時気づいたのは、この教え方には「厳しく練習!」「叱って練習!」という要素がないんですよね。いい意味で期待されず怒られない、沢山の大人にいつも褒めてもらえる、子供にとって とてものびのびした環境で、本人は「バドミントンが ただただ楽しい!」だったのではないでしょうか。こんな「環境」がその子の運動能力とやる気を育てたんだと思えました。

 このような「親について行った」という話は、多くのトップアスリートからもよく聞く話で、メダリストの奥原選手もそうですし、メジャリーガーの大谷選手のお母さんはバドミントンの国体選手で、小さい時よくバドミントンに連れて行っていたそうで、小学校2年生まではバドミントン、そこから野球に取り組んだそうです。(先日の会見を見たんですが、メジャリーガーになった今でもバドミントンでトレーニングするそうです。193cmで160km投げるメジャーリガーが打つスマッシュ!って、考えただけでもワクワクします。)

 他にも「兄や姉がやっていた影響で小さい時はじめました。」という話も、桃田選手はじめトップアスリートからよく聞くエピソードですが、このように幼少期からスポーツにふれることができる「環境」にいたことが、将来活躍するアスリートになるキッカケになっているのが分かると思います。

 なので、春日アロウズはそんな「3歳でもスポーツできる環境」でありたいと思い、小さな子供には「パパママと一緒に遊びにきてくださいねー。」と考えています。

 スポーツはもともと遊びです。バドミントンを遊びとしてはじめることができて、大好きなパパとママと一緒に遊べて、たくさん褒めてもらえて、楽しくて行きたくなるバドミントンクラブ。ちびっこにとってそんな楽しいクラブでありたいと考えています。

 しかし、「ただ遊ぶ」だけではなく、自らやりたくなる「子供の4つのスイッチ」や、幼児でも打てるようになる教え方や、こども達が安心して練習できるパパママコーチなど、ちびっこでもバドミントンが楽しく上手くなる、頑張りたくなる仕組みや工夫で日々練習しています。

 以上が、当クラブの考える「環境で教える」です。

 最後に、この記事を読んでいただいた、子供に教えたいパパママに知っていていただきたいことがあります。

 幼児や初心者が、初めてラケットを持つということは、未経験の人がバッティングセンターに行くのと同じで、いきなり全部打てる人はいませんよね。できなくて当り前、空振りして当り前なんです。

 幼児に対し「できるはず」という思い込みがあると「なんでできないんだ!」となりがちで、「言葉」で教えてしまいがちです。でも、これではスポーツが嫌いになってしまいそう。

 なので、ちびっこには「いい意味で期待せず」、その子のペースで「楽しい遊び」を心がけ、少しでもできたら「たくさん褒めて」、気長に「スポーツで遊んで」あげてください。こんな気持ちでなら、お子さんはパパママと楽しくスポーツすることができると思います。

 ただ、それでも「自分の子供には本気になってしまう。」や「どうしても気持ちが出てしまう。」「子供の集中力が続かない。」という方もいらっしゃると思います。

 でも実は、当クラブに通っている親御様も同じで、やっぱり親だから自分の子供には気持ちが入ってしまいます。なので、あえて自分の子供じゃない子供に球出ししてもらったり、年の近い競争相手がいることで子供同士やる気になったり、幼児の上手な注意の仕方など、当クラブでならできる工夫がありますので、そんな方は、お近くでしたら春日アロウズにいらしてください。こんな「環境」で、同じ子育て中のパパママ同士、みんなで子供とのスポーツに取り組んでいければと考えています。

春日アロウズ 代表 林田

追伸:写真は、夏のレクレーション「親子で水遊び!」の写真です。親子で水風船投げたり水鉄砲で打ち合ったり、スーパーボールすくいをして楽しみました。春日アロウズではこういった楽しいレクレーションも定期的にやっています。